未分類

防水工事に最適な時期は?地域の湿度・温度によって異なる

建物を維持するためには、適切な防水工事と定期的なメンテナンスが欠かせません。
雨の侵入は、建物の腐食や劣化など、深刻な被害を招いてしまします。

では、防水工事はいつ行うのがよいのでしょうか。
今回は、防水工事の最適な時期について解説していきます。

防水工事に最適な時期は?

防水工事は、空気が乾燥している春・秋に施工されることが多いです。
冬も乾燥していますが、積雪や凍結などの懸念があります。
しかし、地域によっては積雪のない場所もあります。
東日本・西日本での気候には差があるため、一概に最適な時期を言い切ることはできません。

材料・施工方法にあった時期を選ぶ

防水工事の施工方法は、大きく分けて5つの種類があります。
工法によって使用する材料(液状・シート)や作業の流れが異なります。

また、メーカーによって材料の特徴にも差があるため、専門業者に適切な時期を判断してもらいましょう。

湿度の高い時期は適さない

防水工事の作業には、塗料や接着剤を乾燥させる工程があります。
よって、湿度の高い時期は適さないという考え方ができます。

雨の日の施工は適さない

雨の日は、屋根が滑りやすく、作業員が怪我をする危険性が高くなります。
また、ウレタン防水などの塗料を使う施工は、雨の日に行うことができません。

※施工方法によっては、雨でも可能な場合があります。

まとめ

防水工事は、一般的に空気が乾燥している春・秋の時期がよいと考えられます。
しかし、お住まいの地域により温度・湿度が異なるため、一概には言い切れません。

また、使用する材料・施工方法によっては、1年を通して施工できるものもあります。
メーカーによって特徴も異なるため、専門業者に相談してみるのがよいでしょう。

防水工事の耐用年数を目安に、定期的な点検・メンテナンスを行うのが理想です。
もし雨漏りやカビの発生が疑われる際は、季節に限らず早めに施工することをおすすめいたします。